/

この記事は会員限定です

アサヒ、ビール缶を共通仕様に 災害時にらみ大手3社と足並み

[有料会員限定]

アサヒビールはビール系飲料に使われる缶容器を業界標準の規格に変更する。最大手の同社はこれまで独自の規格だったが、キリンビールなど他の大手3社が使う軽量タイプを採用する。東日本大震災後は業界全体で缶が不足し、消費者への商品供給が滞った。規格統一で大手メーカーは缶がより調達しやすくなり、災害時にも消費者に安定供給できる体制が整う。

アサヒは缶のふたの部分に「204径缶」と呼ばれる規格を採用する。約20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り762文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン