2018年8月20日(月)

東工大、CO2を液体燃料の原料に 高効率の触媒開発

2014/1/20付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 東京工業大学の森本樹助教と石谷治教授らは、火力発電所や工場から排出された二酸化炭素(CO2)を高い効率で液体燃料の原料となる一酸化炭素(CO)に変える触媒を開発した。光のエネルギーで反応が進む光触媒と呼ぶ種類。COと水素から液体燃料を合成する既存技術に応用し、燃料生産と温暖化対策の両立を目指す。

 今後、企業に共同研究を呼び掛け、実用化の時期を判断する。成果は米化学会誌に掲載…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報