新潟市、公募4区長を決定 全員が現職公務員

2014/1/21付
保存
共有
印刷
その他

新潟市は20日、2013年10月から公募していた北区、秋葉区、西区、西蒲区の4区長の採用予定者を決めたと発表した。全員が現職の公務員で、うち2人は新潟市職員。公募では民間の人材も対象にしていたが、議会などとの折衝力を重視したという。4人とも4月1日に就任する予定。

北区長に選ばれた飯野晋氏(40)は経済産業省出身で現在は内閣官房で参事官補佐。昨年4月まで原子力規制庁の柏崎刈羽原子力規制事務所の所長を務めていた。採用を発表した篠田昭市長は「経歴から、産学官連携や港湾の活性化に期待したい」と述べた。

秋葉区長に選ばれた熊倉淳一氏(57)は現在、新潟市の環境部長。秋葉区の前身である旧新津市で新潟市との合併推進を担当していた。西区長の真島幸平氏(58)は現在、新潟市の東京事務所長。

西蒲区の区長に選ばれた50代男性は過去に行政経験があるが、現在は市内の公立学校で管理職を務めているという。本人の要望で、氏名は公表していない。民間からの応募者は「議会との関係構築についての知識が不足していた」(篠田市長)ため採用がなかった。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]