/

この記事は会員限定です

生コン、東京で1年8カ月ぶり値上がり 昨年末比2%高

[有料会員限定]

主要な建設資材である生コンクリートの価格が上がっている。全国の指標となる東京地区で1年8カ月ぶりに上昇したほか、値上げ表明も各地で相次いでいる。公共工事の増加や消費増税前の駆け込み需要を背景に出荷が好調だ。原材料高も生コン価格の上昇を招いている。

規模が最大級の東京地区生コンクリート協同組合(東京・中央)や、東関東生コン協同組合(東京・足立)が昨年から打ち出していた値上げが今月、需要家のゼネコン(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り859文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン