2019年2月19日(火)

内装に博多織や有田焼… トヨタ九州、車に伝統工芸満載

2014/1/18付
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車九州(福岡県宮若市)は17日、博多織など九州7県の伝統工芸を内装に用いた「九州オリジナルカスタマイズカー」を報道陣に公開した。同車は24~27日に福岡市内で開かれる「福岡モーターショー2014」で展示する。

九州オリジナルカスタマイズカーはトヨタ九州で生産するハイブリッド車「レクサスCT200h」の新モデルをベースに製造した。シート部分の博多織のほか、佐賀県の有田焼や宮崎県の飫肥杉工芸など、9つの地元の伝統工芸品が内装に使われた。

開発はトヨタ九州のR&Dセンターが手掛けた。同センターの青柳洋一カスタマイズ室長は「伝統工芸品が持つ匂いや手触りなどを車づくりに融合することを目指した」と話した。同車は福岡モーターショーの終了後も、トヨタ九州や各県のイベントなどで展示される予定。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報