腸内の悪玉菌がぜんそくを悪化 筑波大、マウスで仕組み解明

2014/1/16付
保存
共有
印刷
その他

筑波大学の渋谷彰教授らは15日、腸内の悪玉菌と呼ばれる菌がぜんそくを悪化させる仕組みをマウスを使った実験で解明したと発表した。マウスで効果的な治療法も見つけた。人間でも同じ仕組みで症状が悪化している患者がいないか探し、治療することを検討している。

ある種の抗生物質を飲み水に混ぜてマウスに2週間与えた後、アレルギーの原因物質を吸入させてぜんそくを発症させたところ、症状が重くなった。そのマウスの腸内を調べたところ、乳酸菌などの善玉菌が減り、カンジダというカビの一種が異常に増えていた。

その結果、プロスタグランジンE2と呼ぶ物質が血液中で増え、肺の中で免疫反応を引き起こす細胞が増えてアレルギー反応が強まった。炎症を悪化させてぜんそくがひどくなると分かった。カンジダを殺したり、プロスタグランジンE2が増えないようにしたりする薬剤をマウスに投与すると、ぜんそくの症状が改善した。

腸内細菌のバランスが崩れると、炎症性腸炎やアトピー、糖尿病など様々な病気を引き起こす。ぜんそくもその一つだが、詳しい仕組みはわかっていなかった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]