/

新潟放送、傘下の老舗ホテル「イタリア軒」を売却

新潟放送は14日、傘下の老舗ホテル、イタリア軒(新潟市)を、教育事業などを手がけるNSGグループ(新潟市)の投資部門に売却することで基本合意したと発表した。売却額は3億円。イタリア軒は長年業績が低迷していた。ホテル関連の専門学校を運営するNSG系はノウハウを生かして、経営再建を目指す。

新潟放送は3月31日付で保有するイタリア軒の全株式308万株をNSGグループの投資会社、NSGホールディングスに売却する。同グループはパートなどを含む約90人の従業員の雇用を保障し、経営陣を送り込む方針。

イタリア軒は前身である食品店から数えて、今年で創業から140周年を迎える、新潟市内では伝統のある老舗ホテル。新潟放送は1963年に同社の経営権を取得していた。2013年3月期の売上高は約11億90000万円で、800万円の経常赤字だったという。13年11月時点では約7億円の債務超過に陥っていた。

NSGグループは専門学校「国際ホテル・ブライダル専門学校」を運営している。同校が持つホテル経営に関するノウハウを生かすほか、専門学校の卒業生の受け皿にもする考え。NSGホールディングスは複数の地元企業に出資・投資している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン