/

スカイマーク、米子―羽田など3路線を4月から運航

スカイマークの西久保慎一社長は10日、鳥取市の鳥取県知事公邸で平井伸治知事と会談し、米子空港と羽田、新千歳、那覇の各空港を結ぶ3路線の運航を4月1日から始めると伝えた。羽田便は当初計画していた1日1往復から同2往復に増やし、ビジネス需要を開拓する。

羽田便のうち1便は「午前7時台に米子空港を出発させたい」(西久保社長)という。スカイマークの就航で同空港の羽田線は既存の全日本空輸(1日5往復、3月29日までは同6往復)を含め同7往復となる。新千歳、那覇便は同1往復する。

スカイマークは昨年12月20日、同空港に成田、神戸、茨城の3路線を就航させた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン