/

この記事は会員限定です

文学賞、二極化鮮明 芥川・直木・本屋大賞に勢い

[有料会員限定]

16日の選考会で第150回を迎える芥川賞直木賞(年2回)。最も有名な文学賞であり、ベストセラーになった受賞作も多い。昨年で第10回となった本屋大賞(年1回)も拡販につながることが多く、長引く出版不況の中で注目度を増している。一方、地方自治体が主催する賞には資金難などで終了を余儀なくされる例も出ている。文学賞はどこへ向かうのか。

昨年12月下旬、東京の紀伊国屋書店新宿南店では、芥川賞・直木賞(日本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1712文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン