2019年8月22日(木)

萩市、2月に初の萩・幕末維新検定

2014/1/10付
保存
共有
印刷
その他

山口県萩市や市観光協会などは2月23日、市内で「萩・幕末維新検定」を初めて実施する。同市は明治維新で活躍した人材を輩出しており、2018年の維新150年もにらんで開く。全国の幕末・維新ファンらの受検を見込む。

会場は「JAあぶらんど萩本所ホール」など。ゆかりの人物などに関する100問に挑戦してもらい、80問以上の正解で合格になる。検定料は3000円。テキスト(価格1500円)を萩博物館などで販売しており、テキスト中の問題や解説から出題する。受検の申し込みは31日まで。

同市の松下村塾などを含む「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」は世界文化遺産の候補として推薦が決まった。15年には吉田松陰の妹を主人公とするNHK大河ドラマが放映される予定で、市は検定を通じた地域活性化効果を期待している。

テキストや受検の問い合わせは同市まちじゅう博物館推進課((電)0838・25・3290)。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。