/

この記事は会員限定です

NEC、東南アで格安販売 企業向け基幹業務システム

[有料会員限定]

NECと独ソフト大手のSAPは東南アジア市場を共同で開拓する。各国の税制や商慣習に対応した基幹業務システムを共同開発。インターネット経由でソフトを使うクラウドサービスとして、現地に進出する日系企業や現地企業に販売する。システムを自前で構築するのと比べ10分の1程度の費用で導入できる点を売り物に、成長市場でのシェア固めを狙う。

SAPは財務・会計や人事、顧客管理といった企業経営に関する情報を一元管理...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り672文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン