/

この記事は会員限定です

冷凍カツオ4割安 国際相場が13年春比で 需要減と豊漁

[有料会員限定]

冷凍カツオの取引価格が下落している。国際指標となるタイ・バンコクでの取引価格は1トン1400ドルを下回り、過去最高値圏だった昨年春より4割下げ、約3年ぶりの安値をつけた。高値で需要が減った半面、各地の豊漁で余剰感が強まっているためだ。冷凍カツオはツナ缶やかつお節など加工品の原料となる。加工品の国内店頭価格にも影響を与えそうだ。

冷凍カツオはマグロとともにツナ缶原料に使われ、国際的なツナ缶需要の増加...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り804文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン