/

マツダスタジアム西側に練習場など 三井不計画を広島市が承認

広島市は8日、広島東洋カープの本拠地「マツダスタジアム」の西側に隣接する市有地について、三井不動産が提出した基本計画を承認した。同社はカープの屋内練習場、婚礼施設、分譲マンションを整備する。4月から順次着工し2016年2月に完了する計画。球場東側には米会員制量販店のコストコ・ホールセールなどが開業しており、球場周辺のにぎわいを創出する狙い。

カープの屋内練習場は延べ床面積が6230平方メートル。45メートル四方の練習場やブルペンを4カ所整備する。カープの1軍の練習場として利用。見学スペースを設けるほか野球教室も開催する。11月にオープンする予定。

ゲストハウス型の婚礼施設は福岡県を地盤とするアイ・ケイ・ケイが運営し、15年2月に開業する。延べ床面積は4380平方メートルでチャペルや宴会場、レストラン・カフェを設ける。

分譲マンション「ボールパークレジデンス2」は三井不が16年2月に竣工。延べ床面積は1万210平方メートルで15階建てとなる予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン