海外開拓、攻めの経営 中部の企業トップが年頭所感

2014/1/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中部の主要企業トップが6日、年頭所感を発表した。景気が回復に向かい市場に新たな競争環境が生まれるなか、トップの言葉からは今年を好機の年と捉え、海外戦略や新規事業育成など攻めの姿勢がうかがえた。一方、4月の消費増税を控え、冷静に足元を見つめ直す企業も。中部企業の地力が問われる年になりそうだ。

■ものづくり復権

多くの企業で仕事始めを迎えた同日、トップらの訓示では昨年の回復基調の流れをさらに加速させよ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]