/

香港で鳥インフル感染者 H9N2型

【香港=共同】香港の衛生当局は30日、86歳の男性の鳥インフルエンザウイルス(H9N2型)感染が確認されたと発表した。容体は安定しているという。香港で同型ウイルス感染者が確認されるのは2009年以来。香港メディアが伝えた。

香港の衛生当局によると、H9N2型の人への感染はまれ。香港では過去に数人の感染例が報告されているが、いずれも軽症だったという。

今春以降、中国で感染者が相次いでいるのはH7N9型。江西省では今月、H10N8型の感染者が世界で初めて確認されたが、感染は広がっていない。

男性は香港に隣接する広東省深圳市に長く住んでおり、今月28日に香港に来た際、体調不良を訴えて入院、感染が確認された。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン