新潟で小水力発電計画広がる 豊富な農業水路を活用

2013/12/25付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農業用水などを利用し、水車を回して電気をつくる「小水力発電」施設の計画が新潟県内で広がっている。県内では、魚沼市などで新たな施設の設計が進むほか、普及に向けた検討組織も相次いで立ち上がった。農業用水の豊富な新潟は小水力発電が普及する可能性は大きいとされるが、導入コストが大きいため、採算性の面では課題も残る。

現在、南魚沼市と津南町で、最大出力がそれぞれ3キロワット、9.9キロワットの発電設備が実…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]