第5回日経小説大賞、芦崎笙氏「スコールの夜」に
現役の財務省大臣官房参事官

2013/12/23付
保存
共有
印刷
その他

第5回日経小説大賞(日本経済新聞社・日本経済新聞出版社共催)の受賞作が、芦崎笙氏(53)の「スコールの夜」に決まった。辻原登、高樹のぶ子、伊集院静の選考委員3氏による審査の結果、200編の応募作から選ばれた。芦崎氏は財務省大臣官房参事官。

授賞式は2014年2月19日午後7時から、東京都千代田区の日経ホールで一般公開形式で開く。大賞受賞者には賞金500万円が贈られる。受賞作は2014年2月に日本経済新聞出版社から単行本として出版される。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]