ロシアで出土のネアンデルタール人、両親は近縁か

2013/12/19付
保存
共有
印刷
その他

ロシアのシベリアで出土した5万年前のネアンデルタール人女性の骨から採取したDNAを解析したところ、両親は親戚関係のような近縁とみられることが分かったと、ドイツなどのチームが19日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

チームは「ネアンデルタール人は集団が小さく、近親での関係が一般的だったのかもしれない」と指摘している。

ドイツのマックスプランク進化人類学研究所などのチームは、2010年に洞窟で見つかった長さ2.6センチの足の指の骨から、DNAを採取してゲノム(全遺伝情報)を解読。特徴からネアンデルタール人の女性と特定した。

この女性が、父と母からそれぞれ受け継いだ遺伝子を調べると、配列の似ている部分が多かった。チームは「これほど遺伝的に似ている父と母は、血縁がかなり近い」と推定。異父きょうだいや、おじとめいなどの関係である可能性が高いとみている。

現代人のゲノムの約2%に、ネアンデルタール人の配列が残っていることも判明。国立科学博物館の篠田謙一・人類史研究グループ長は「わずか1つの骨から、人類集団の歴史が分かってきた」と話している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]