/

パソナフォスター、港区に230人規模の保育施設 夜9時まで

保育所運営のパソナフォスター(東京・千代田)は東京都港区に定員230人の保育施設を開設した。港区内では最大規模の施設で、区から運営を受託した。大ホール(120平方メートル)での運動遊びや、日常保育で英語を取り入れたりする。

JR田町駅から徒歩10分程度のビル2階に「芝浦橋保育室」を開設した。面積は約1500平方メートル。まず0~2歳児90人を受け入れ、2016年度までに3~5歳児も含め定員を順次拡大する。開園時間は基本保育が朝7時半から夜8時までで、延長保育として夜9時まで預かる。

専門のカウンセラーや弁護士に電話やメールで育児について24時間相談できるサービスなども用意する。今回の施設は認可保育園と同じ基準で保育を行う期間限定の認可外の保育施設で、待機児童の解消を目的に港区が設置した。開設期間は17年3月31日まで。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン