2019年1月24日(木)

リソー教育、第三者委設置 不適切な会計処理の疑義で

2013/12/16付
保存
共有
印刷
その他

リソー教育は16日、不適切な会計処理の疑義に関する調査のための第三者委員会を設置したと発表した。本社と子会社で家庭教師の派遣事業を手掛ける「名門会」の過年度決算において、売上高、利益の会計処理が不適切であった可能性があるとしている。第三者委員会は、元名古屋高等検察庁検事長の高野利雄氏など4人で構成する。

同日、180円(分割前)としていた期末配当を未定とした。具体的な調査内容や予定について「コメントできない」(同社)としている。4月に発表した2013年2月期の売上高は217億円、最終利益は15億円だった。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報