/

この記事は会員限定です

東電、汚染水・廃炉に10年間で7400億円

ロボットなどに投資

[有料会員限定]

東京電力は福島第1原子力発電所の汚染水や廃炉の対策に今後10年間で7400億円を投資する方針だ。作業員の労働環境の改善や放射線量の高い場所で用いるロボットへの投資を増やす。汚染水問題の収束に全力を挙げて経営を安定させる狙いだ。資金は資材の調達費を圧縮することで捻出する。年末にまとめる新たな総合特別事業計画(再建計画)に盛り込む。

取引金融機関に説明した収支計画の中で示した。いまの再建計画では10...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り712文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン