/

この記事は会員限定です

日本ユニシス、健康食を宅配 タニタと組み診療データから献立

[有料会員限定]

日本ユニシスはタニタなどと組み、健康に配慮した弁当や総菜などの宅配サービスを始める。2014年度後半に共同出資会社を設立。大学病院で集めた診療データを基に、糖尿病患者などに適した献立を作成し、病院や一般家庭に食材を宅配する。各社のノウハウを生かし、高齢化で成長が見込める健康食の需要を取り込む。

共同出資会社には日本ユニシスとタニタのほか、食材宅配のヨシケイ開発(静岡市)、JAグループなどが出資する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り677文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン