海の恵みを学べる施設に 仙台水族館が起工式

2013/12/5付
保存
共有
印刷
その他

仙台市や三井物産は4日、2015年春の開業を目指す仙台水族館(仮称)の起工式を開いた。水族館は仙台港近くの公園敷地内に建設し、約100基の展示水槽を設ける。

初年度の来場者数は130万人を見込んでいる。展示内容は横浜八景島(横浜市)を中心に、イルカと触れ合えるショーや海洋生物の生態などを学べる講座の開設などを検討している。

仙台市の奥山恵美子市長は起工式終了後に記者団の質問に答え、「大勢の子供たちが海の生き物の素晴らしさを実感できるといい」と指摘。八景島の布留川信行社長は「震災で海を避ける傾向もあるが、海の恵みをわかってもらう施設にしたい」と話した。

起工式には運営会社の仙台水族館開発(仙台市)に出資する三井物産、横浜八景島、カメイ、ユアテック、仙台三越(同)などの幹部が出席した。水族館の建設は大成建設と橋本店(同)が共同事業体(JV)をつくって進める。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]