/

この記事は会員限定です

千葉市、幕張新都心「ゴミ空気輸送」の運営引き継ぎ

[有料会員限定]

千葉県企業庁が運営し千葉市の幕張新都心にある「ゴミ空気輸送システム」を、市が2016年度にも運営を引き継ぐ方針が固まった。年間1億円超の運営費が課題で、住人に負担を求める動きもあったが、最終的には県も費用負担に責任を持つ案で決着する見通しだ。システムを廃止する場合のコストも県が負担する方向で調整中だ。

対象となるゴミ空気輸送システムは、地下パイプの空気の流れで自動的に家庭ゴミを送る。ごみ集積所や収...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り330文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン