2019年2月23日(土)

訪日外国人1000万人視野 「外からの内需」存在感

(1/2ページ)
2013/12/2付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本を訪れる外国人が増えている。円安を追い風に、2013年には政府が目標にしていた年間1千万人の大台達成が視野に入ってきた。消費の現場では訪日外国人の存在感が高まり、旅行収支が大幅に改善している。日本経済全体に与える影響はまだ限られるが、長い目で見れば外国人消費という「外から来た内需」は無視できなくなりつつある。

来年2月に開くさっぽろ雪まつり。会場目の前にある東京ドームホテル札幌では、雪まつり…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報