/

この記事は会員限定です

原発の追加安全策1.7兆円 10社、当初想定の2倍

新規制基準、電気料金押し上げ圧力に

[有料会員限定]

7月に施行された原子力発電所の新規制基準への対応で、電力10社が追加の安全対策に投じる費用が総額1兆7000億円超に達した。対策費は今後もさらに膨らむのが確実で、電気料金の押し上げ要因となる。電力各社は廃炉を含めた原発の選別のほか、一段の合理化を迫られそうだ。

原発の再稼働の是非を判断する新規制基準は、想定される最大の津波高に対応できる防潮堤や、事故への対応設備の設置などを求めている。原子力規制...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り794文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン