/

鯖江市のjig.jp、総務省のオープンデータ実験参加

福井県鯖江市に拠点を置くソフトウエア開発のjig.jp(東京・渋谷)は28日、公共データを民間活用する「オープンデータ」の総務省の実証実験に参加すると発表した。実験場所の一つになった鯖江市での実験に協力する。

鯖江市は全国に先駆けてオープンデータを推し進めている。名所旧跡の情報から、公衆トイレやバス停の位置などさまざまな情報を公開し、スマートフォン向けのアプリが作られている。実証実験では中小都市のモデルケースとして位置付けられている。

同市とjig.jpは、プログラミングに関する知識が少ない自治体の職員でもデータ公開が簡単にできるシステムを開発する。具体的には「エクセル」にデータを打ち込むだけで、利用しやすいデータ形式に変換できる仕組みにする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン