/

北海道の「食」戦略特区、農業も柱に 案を修正

北海道庁と北海道経済連合会は、9月に政府に提案した国家戦略特区の3案のうち、食分野の「JAPANフードピア構想」について、農業分野の規制緩和策10項目を加えた修正案を近く再提案する。政府内では、農業分野での特区候補地として北海道が浮上している。道庁は当初案に農業分野も盛り込むことで指定を受けたい考えだ。

修正案では、これまで規制されていた農地内への農家レストランの設置を認めたり、農家が銀行などからお金が借りやすくなるよう農業に信用保証制度を適用したりするなど、国が示していた4つの規制緩和策を盛り込んだ。設置コストの削減に向けて園芸ハウスを建築基準法の適用除外にするなど道独自の6案も加えた。

道庁は「食」「観光」「エネルギー」の3分野の特区案を政府に提示した。だが、政府の原案では「雇用」「医療」「農業」などの6分野が盛り込まれ、道庁が提案した3分野は見送られた。

ただ、政府内で農業分野の候補地に北海道を挙げる声があり、認定の可能性が浮上。道庁内で再検討を始め、政府から内容を修正しての再提案が可能だとの回答を得た。

農業分野では新潟県も有力候補として浮上している。国家戦略特区の第1弾は来年1月にも、全国から3~5カ所が選ばれる見通し。認められれば、農業分野の規制緩和が全国に先駆けて進む。道内農業団体の関係者は「提案内容は6次産業化に向けた取り組みとして理解できる」と話す一方で、「国からの指示で、後から道内の実情にそぐわない施策が加わらないか」との懸念も示す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン