2017年11月23日(木)

金沢大学、ロボット工学応用した自動運転システム

2013/11/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 金沢大学はロボット工学を応用した車の自動運転システムを開発した。カーブ手前で減速したり、止まっている車を追い越したりする運転操作を自動的に制御できる仕組みで、高齢者の安全運転の支援などを狙う。来年中にも公道での実験を開始する考えで、5年後をメドに実用化を目指す。自動車メーカーに技術提供することも検討する。

 周囲を認識して自動的に動くロボットなど機械工学が専門の菅沼直樹講師が中心となり、研究を進め…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

金沢大学GPSロボット工学



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報