/

この記事は会員限定です

ワイヤードビーンズ、金属部品使い家具 被災地の2社と組む

[有料会員限定]

家具や雑貨の企画・販売を手がけるワイヤードビーンズ(仙台市)は東日本大震災の被災地の金属加工会社と組み、家具商品を拡充する。福島県田村市と宮城県石巻市の中小工場で加工した金属パイプを使った机と椅子の新製品を来年1月に発売する。被災地の雇用創出と国内の林業再生を狙う。通販などで年間1000台の販売を目指す。

田村市に工場を持つ関口工業(さいたま市)と、大平工業(石巻市)の2社と連携する。関口工業はエ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り684文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン