米の政治停滞、進む無極化 外交漂流で同盟国も惑う
本社コラムニスト 脇 祐三

(1/3ページ)
2013/11/25付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

オバマ政権が2期目に入った今年は、米国の政治の停滞を世界に印象づける年になった。財政をめぐる政権と野党・共和党の対立で10月には政府機関の一部閉鎖に至った。内政の混迷と並行して対外的な関与に消極的になり、同盟国の間に戸惑いや不満が広がる。

世界のガバナンス(統治)を主導する国がいない無極化の状態を「Gゼロ」と呼び、その到来に警告を発する米国の政治学者イアン・ブレマー氏は、現状を次のように評する。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]