/

この記事は会員限定です

米、特許権の乱用抑制へ 議会が対策法案を検討

[有料会員限定]

特許侵害訴訟の乱用を防ぐために米議会が検討している対策法案の概要が明らかになった。原告側に侵害状況を細かく説明させ、審理を一段と厳しくすることなどが柱。実際に製品を作ったりサービスを提供したりしないパテント・トロール(特許の怪物)が、特許範囲を幅広くとらえて訴えを起こすことを抑える。

法案は複数あり、代表的な法案は10月下旬に米下院司法委員会委員長が提出した「イノベーション・アクト」。これまで提出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り401文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン