/

この記事は会員限定です

JPモルガン、和解金1.3兆円支払いに政治の影

[有料会員限定]

【ニューヨーク=佐藤大和】住宅ローン担保証券(MBS)の不正販売で、米金融大手JPモルガン・チェースが総額130億ドル(約1兆3000億円)の和解金支払いを余儀なくされた。救済買収した金融機関が売ったMBSが大半を占めるにもかかわらず、米当局に支払う金額は従来の最高額の3倍近くに膨らんだ。利益追求に走るウォール街への世論の不満を背景に、JPモルガンが政治の「標的」となった印象が強い。

米司法省は1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り866文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン