/

極洋、40年ぶりCB30億円 冷凍食品の工場新設に

極洋は20日、欧州市場で円建て新株予約権付社債(転換社債=CB)を30億円発行すると発表した。同社のCB発行は1973年以来、40年ぶり。全額を2015年に稼働予定の宮城県の冷凍食品工場の建設に充てる。

期間は5年で表面利率はゼロ。12月10日に発行する。建設費の支払いは14年5月のため、いったん短期借入金の返済に回し金利負担を圧縮する。

業務用の水産物が主力だが、今年6月から魚を使った総菜など家庭向け商品を拡充している。大手流通のプライベートブランド品なども手掛ける。14年1月に冷凍食品に参入する計画で、新設する工場を基幹的な生産拠点とする。投資額は45億円で、工場新設は15年ぶり。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン