/

この記事は会員限定です

青果でも産地証明求める動き広がる 食材虚偽表示問題で

[有料会員限定]

食材の虚偽表示問題を受け、青果物市場で産地証明を求める動きが増えている。外食産業を中心に、産地偽装を疑う消費者からの問い合わせに備えたいとのニーズが高まっている。

東京・大田市場を拠点に小売店や外食に野菜を売る仲卸には虚偽表示問題の発覚後、中堅のファミレスチェーンが野菜の産地証明書を求めるようになった。ニンジンなど購入したすべての野菜が対象で、仲卸が仕入れた産地と時期を記載する。

産地証明書は産地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り318文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン