/

この記事は会員限定です

食用大豆の割増金上昇 北米の14年産「非組み換え」が最高値

[有料会員限定]

豆腐や納豆に使う遺伝子非組み換え大豆が一段と割高になっている。北米から輸入する際に組み換え品に上乗せして支払う割増金は2014年産が今年産より2~3割上昇し最高値を更新した。農家が生産を減らし必要数量が確保できなくなるとの懸念が強まっている。南米などから代替調達する動きも出ている。

日本は豆腐などの食品向けに非組み換え大豆を使う。年間需要90万トンのうち70万トンが輸入品で米国とカナダが9割を占...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り800文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン