大量退職時代 シニア、人脈や知識を生かし起業

2013/11/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

団塊の世代の大量退職などを受けてシニア層による起業が今後増えそうだ。幅広い人脈、経験や知識などを強みに有力ベンチャー企業も登場している。安倍政権は開業率を現在の2倍の10%と欧米並みに引き上げる目標を掲げる。若者だけでなく、腕に覚えがあるシニアが産業界の活性化の一翼を担う存在になる。

会計ソフトを開発するアカウンティング・サース・ジャパン(東京・新宿)。森崎利直社長が61歳で創業してから4年で顧…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]