/

この記事は会員限定です

標準特許 中国の高裁で米社敗訴、独禁法違反で賠償命令

[有料会員限定]

通信機器大手の中国・華為技術(ファーウェイ)が無線技術開発会社の米インターデジタルを独占禁止法違反で訴えた裁判で、中国広東省高級人民法院(高裁)は10月末、携帯電話の標準必須特許をもつインターデジタルが支配的地位を乱用したとして2000万元(約3億2000万円)の賠償金支払いを命じる判決を下した。

製品の生産に不可欠な標準特許をもつ企業に厳しい判決となったことで、特許を多数抱える日本企業に与える...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り449文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン