福島サンケン、半導体検査設備を増強 能力3割高める

2013/11/15付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サンケン電気の全額出資子会社の福島サンケン(福島県二本松市)は半導体の検査設備を増強した。電気特性の測定範囲を広げた最新の装置を導入し、検査能力を3割高めた。サンケン電気グループで生産している半導体の市場が自動車向けなどで広がっているのに対応する。

増強したのはモーター・照明の制御や電力変換に使うパワー半導体の基幹部品を検査する設備。測定範囲を広げた特殊な装置を8台加え稼働させた。検査装置の総数…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]