/

この記事は会員限定です

鹿児島の岩崎産業、ホテル跡地に商業施設 美術館など併設

[有料会員限定]

鹿児島県を地盤に石油業や観光業を展開する岩崎産業(鹿児島市、岩崎芳太郎社長)が県内最大の繁華街、天文館に保有するホテル跡地の再開発計画が判明した。現在、有料駐車場として営業している土地に2016年春、観光を前面に打ち出した商業施設を最大約20億円かけて開業する。

計画では新施設は08年秋に解体した「いわさきホテル・ザビエル450」の跡地(約2800平方メートル)に15年春をメドに着工。4階建て(延...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り439文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン