/

小泉元首相の脱原発発言、愛媛県知事「現実性ない」

愛媛県の中村時広知事は14日の記者会見で、小泉純一郎元首相が脱原発を訴えていることについて、「言うのはたやすいが具体的な政策提示が成り立っていないと現実性がない」と批判した。ただ、小泉元首相が日本で最終処分場を見つけるのは困難と指摘していることについては「共感できる」とし、国会での議論の加速を求めた。

中村知事は会見で「(四国電力は)老朽化した火力発電をフル回転させている。それから、さらなる電気料金の引き上げが現実化した時の製造業のコスト上昇を考えておく必要がある」と、原発の必要性にも改めて言及した。

ただし、伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)の再稼働については、国が再稼働に責任を持つことの必要性や、地元の意向などを踏まえて決断する姿勢を改めて強調した。

地元の範囲に関しては、「愛媛県としてどうするかが重要」としたが、四国の他3県や大分、山口といった近隣県での議論も見守る姿勢を示した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン