宮城県、五輪めざす選手育成 サッカーなど

2013/11/13付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宮城県が2020年の東京五輪に向けた準備作業を本格化する。県内ではサッカー競技の開催が予定されており、これと連動したイベントの開催や他競技も含めた各国選手団の合宿誘致などを進める。東京五輪の出場を目指す県出身のジュニア選手の育成や子供向けイベントの開催にも力を入れ、五輪開催の機運を高めていく。

宮城県の村井嘉浩知事は日本経済新聞の取材に対し「20年は県の震災復興計画の最終年度に当たる。復興の姿を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]