/

この記事は会員限定です

クラウドで映像制作 東映、制作期間を半減

[有料会員限定]

東映はクラウドサービスを使った映像制作に乗り出す。ヤフー子会社のクラウドを採用し、同社のデータセンターにある多数のコンピューターを使い、従来に比べて映像制作期間を半減する。大容量の映像データを扱う4K放送の開始を控え、映画制作におけるクラウド利用が加速しそうだ。

東映の全額出資子会社、東映ラボ・テック(東京都調布市)が実施する。ヤフーのデータセンター子会社IDCフロンティア(東京・新宿)のクラウ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り331文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン