2018年1月24日(水)

佐賀・唐津、化粧品産業集積へ支援組織 「3年で生産・輸出」

2013/11/12付
保存
共有
印刷
その他

 佐賀県唐津市は11日、化粧品産業の集積を進めるため、産学官連携組織「ジャパン・コスメティックセンター」(JCC)を設立した。地元1次産品を原料にした化粧品の開発・生産や、アジアへの輸出を目指す。同市の坂井俊之市長は同日の設立総会で「(開発・生産や輸出の仕組みを)3年程度で確立する」との考えを示した。

 JCCは同市や同県玄海町などの自治体、九州経済産業局、大学、企業などで構成。企業は初年度に40~50社程度の参加を見込む。同市はフランスの化粧品産業集積地にある業界団体「コスメティックバレー協会」と協力協定を結んでおり、同協会のノウハウをJCCの運営に生かす考えだ。

 同市には化粧品検査会社のブルーム(山崎信二社長)や、化粧品メーカーのトレミー(東京都府中市、鈴木栄治社長)の九州唐津工場などがあり、こうした産業集積を生かして地域活性化につなげる。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報