2019年7月20日(土)

住友不、純利益59%増 4~9月、マンション販売好調

2013/11/6付
保存
共有
印刷
その他

住友不動産が6日発表した2013年4~9月期(上期)決算は、連結純利益が418億円と前年同期に比べ59%増え、上期としては6年ぶりに過去最高を更新した。新築分譲マンション事業が消費増税前の駆け込み需要などを背景に好調だったほか、中古物件の仲介事業も伸びた。

売上高は3914億円と25%増えた。けん引役は不動産販売事業で、売上高は1392億円と76%増えた。大型タワーマンションなどの販売が好調で、戸建ても含めた分譲住宅の引き渡し戸数が2825戸と前年同期の実績に比べて1216戸増加した。同事業の営業利益は81%増の266億円だった。

個人の中古住宅取引も増え、仲介件数は1万7373件と4%増えた。投資家向けのビルや賃貸マンションの仲介も増加し、取引単価の上昇につながった。一方、主力のオフィスビル事業は空室率(9月末は7%弱)が若干改善したが、売上高は1394億円とほぼ横ばいだった。

2014年3月通期の売上高は3%増の7600億円、純利益は14%増の680億円と従来見通しを据え置いた。同社は「足元もマンション販売は好調を保っている」としており、通期業績も上振れする可能性がある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。