IHIが「F35」生産参画、米P&Wと共同で 戦闘機エンジン

2013/11/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

IHIは5日、米ロッキード・マーチン社を中心に開発する最新鋭ステルス戦闘機「F35」のエンジンを、米プラット&ホイットニー社(P&W)と共同生産する契約を交わした。日本が2017年度以降に購入する38機分のエンジン部品を製造しP&Wに納める。F35の関連部品で日本企業の生産参画が確定したのは初めて。国内防衛産業ではほかに、三菱電機がレーダー部品、三菱重工業も機体の一部生産を目指している。

F35…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]