2019年7月22日(月)

関電、水力発電所の補修を新技術で 安定供給めざす

2013/11/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西電力は最新の技術を使って水力発電所の老朽化対策に取り組む。富山県などに保有する水力発電所に遠隔操作で設備を効率よく点検できる装置を相次ぎ導入するほか、3次元の解析技術などを用いて出力を高める。原子力発電所の再稼働の行方が不透明ななか、水力発電の設備の維持管理を容易にし、電力を安定供給する体制を強化する。

関電は関西だけでなく、中部・北陸地方も含めて約150の水力発電所を構え、年間発電量の1割…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。