三菱商事、フィリピンで高層住宅開発 財閥大手と合弁

2013/11/4付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱商事はフィリピン・マニラ市中心部で高層マンション群の開発に乗り出す。財閥大手のアヤラグループと不動産開発の合弁会社を設立。30階を超える高層住宅を今後7年かけて4棟建設する計画だ。都市部で増えている中・高所得層向けで、合計千数百戸を供給する。総事業費は約400億円の見込み。両社は今後も高層住宅や物流施設の開発で連携する考えだ。

両社は合弁会社をこのほど設立し、マニラ市中心部に約3ヘクタールの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]