郵政、直営の郵便局再編 まず100局 上場へコスト減

2013/11/3付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本郵政は全国に約2万ある直営郵便局の再編を始める。郵便局の多い都市部を中心に統廃合を進めるほか、地方では個人商店などに業務を委託する簡易郵便局への切り替えを検討する。2015年の上場をにらんだコスト削減が狙いで、まず約100局を廃止・統合する。07年の民営化以降、郵便局の再編は初めて。

第1弾として来年3月までに豊平三条郵便局(札幌市)や町村会館内郵便局(東京・千代田)、広島空港郵便局(広島県…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]