/

この記事は会員限定です

日産異例人事、ゴーン氏を駆り立てた「事情」

[有料会員限定]

日産自動車のカルロス・ゴーン社長が経営体制を変更した。同社は北米や新興国の収益悪化で2期連続の業績下方修正に追い込まれた。日産の業績悪化は資本提携先の仏ルノーにも波及、ゴーン氏のルノー経営トップの座も揺らぎかねない。1999年の日産入り以来「コミットメント(必達目標)」を守ることを信条にしてきただけに背水の陣となる。

日産自動車が2014年3月期の業績予想を下方修正した1日、欧州市場ではルノー株が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1073文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン